江戸川区小岩|秀都司法書士事務所|不動産の名義変更・相続登記

秀都司法書士事務所 江戸川区
不動産の名義変更・相続登記

東京都江戸川区西小岩4丁目1-19マエノビル3階(小岩駅徒歩3分)

・不動産の名義変更(遺産相続による土地、家、マンション名義変更)したいときは、東京都江戸川区の秀都司法書士事務所にご相談ください。

・江戸川区、葛飾区、市川市をはじめ、全国の不動産の名義変更の手続きを代理・代行します。

・当事務所は、相続放棄、債務整理の相談は手数料無料です。裁判所書類・裁判答弁書の作成も行います。

03-6458-9570

営業時間

9:00~18:00(土日祝除く)
(ご予約をいただければ休業日でも対応致します。)

お気軽にお問合せください

トップページ

不動産名義変更・相続登記|江戸川区小岩の秀都司法書士事務所

ごあいさつ

 

(1)東京江戸川区小岩の秀都(シュウト)司法書士事務所では、次のような不動産名義変更、相続登記などの業務を代行しています。

相続による不動産名義変更

贈与による不動産名義変更

売買による不動産名義変更

不動産の名義変更の仕方、必要書類・手続きの流れ料金(手数料)など、不動産名義変更に関するご相談は、小岩駅3分の当司法書士事務所へお気軽にどうぞ。

不動産名義変更は、全国の不動産に対応します。

(2)相続放棄抵当権抹消登記借金・債務整理のご相談も受けつけています。

(3)当事務所は、東京簡易裁判所に提出する裁判所書類・答弁書の作成を代行します。

市川簡易裁判所など、全国の裁判所に提出する裁判書類・答弁書の作成について、ご相談ください。 

裁判所に提出する裁判所書類・答弁書の作成は、こちら

 

司法書士のご紹介

・(事務所名)秀都司法書士事務所

・(住所)東京都江戸川区西小岩4-1-19

 マエノビル3階

・(電話)03-6458-9570

・(氏名)司法書士 小林 秀俊

・(資格)平成2年 司法書士試験 合格

・(実務経験)法律実務25年

 

 

 

お困りの知りたい手続きは何ですか?

目次

不動産名義変更・相続登記とは何?

①相続や贈与などで不動産の名義を変えることを名義変更といいます。

不動産の名義は、法務局に備えられている登記簿に記載されています。

その登記簿の所有者名を変更することが、不動産名義変更なのです

→ 不動産名義変更の詳しい説明は、こちら

 

②不動産名義変更の手続きを法務局で行う際は不動産登記という用語を使います。

登記というのは、不動産の登記名義を変更する旨の記載を登記簿に記録することをいいます。

→ 登記簿の説明は、こちら

 

③このように、不動産名義変更は、登記簿、登記事項証明書、登記識別情報通知など、専門的な用語が出てきますので、分かりにくい手続きです。

→ 登記識別情報通知の説明は、こちら

 

相続により不動産登記することを相続登記といいます。不動産登記の中でも、最もご相談が多いのが相続登記です。相続登記は不動産登記簿に記載されている名義人を、被相続人から相続人に変更する手続きです。相続により不動産名義を変更する際は、多くの書類が必要となります。

→ 相続登記に必要な戸籍謄本の説明は、こちら 

 

当事務所は、専門家司法書士が、不動産名義変更の仕方、相続登記のしかた等について分かりやすくご説明いたします。

司法書士は、登記簿の調査、相続人の調査を行います。

そして、登記の必要書類を作成し、法務局手続きを代行して、権利書(登記識別情報通知)を代理受領いたします。

→ 不動産名義変更の専門家については、こちら

不動産名義変更・相続登記の必要書類とは?

 

①相続登記(相続による不動産名義変更)

次のとおりですがケースにより異なります。

・被相続人(現在の登記名義人)の出生から亡くなるまでの全ての戸籍謄本

・被相続人の戸籍の附票、住民票

・相続人の戸籍謄本

・相続人の住民票

・遺産分割協議書、相続人の印鑑証明書、固定資産評価証明書など

ご相談の際は全てそろっている必要はありません。手元にある書類だけご持参ください。

相続登記は相続人が登記申請人となります。

被相続人が共同名義人(共同所有)だった場合は、被相続人の共有持分を相続人に移転します。

また不動産名義変更する際の登録免許税は固定資産評価証明書の0.4%です。

 → 詳細は、こちら

 

②贈与の登記(贈与による不動産名義変更)

・贈与者の権利書・登記済証

・贈与者の印鑑証明書

・贈与を受ける人の住民票

・登記原因証明情報、固定資産評価証明書など

贈与の登記は双方が登記申請人となります。

不動産の名義は、贈与者から贈与を受けた人へ変更されます。

また不動産名義変更する際の登録免許税は固定資産評価証明書の2%です。

 → 詳細は、こちら

 

③売買の登記(売買による不動産名義変更)

・売主の権利書・登記済証

・売主の印鑑証明書

・買主の住民票

・登記原因証明情報、固定資産評価証明書など

売買の登記は双方が登記申請人となります。

不動産の名義は、売主から買主へ変更されます。

また不動産名義変更する際の登録免許税は固定資産評価証明書を基準に計算します。

 → 詳細は、こちら

 → 売買の登記の登録免許税は、こちら

業務対応エリア

・当司法書士事務所は、不動産名義変更・相続登記について、全国の不動産に対応しています。誰でもお気軽にご相談ください。

・不動産の相続を相談するのは、どこに行けばいいのか、困ったら当事務所にどうぞ。

・地方にある実家(土地・家屋・マンション)の不動産名義変更・相続登記もご相談ください。

権利書(登記済証)が見つからない場合、不動産名義変更できる?

 

①贈与による不動産名義変更の登記の場合

 

・登記名義人の権利書(登記済証)が必要ですが、紛失した場合は、法務局の事前通知、司法書士が作成する本人確認情報により、不動産名義変更・贈与登記ができます。

 

 

②相続による不動産名義変更の登記の場合

 

・原則的に登記名義人である被相続人の権利証(登記済証)は必要ないのですが、登記簿と住民票の住所が一致しない場合は権利証を添付することもあります。権利書がなければその他の書類で同一人物であることを証明すれば不動産名義変更・相続登記できます。

 

  

不動産名義変更・相続登記の疑問にお答えします。

1.次のようなお悩みはございませんか?該当するページをご覧ください。

 

(1)相続が発生して不動産名義変更でお困りの方

 

・親(父・母)から相続した不動産について、相続による不動産名義変更・登記をしたいけれど、相続手続きは、どうすればいい?

 → 相続による不動産の名義変更のやり方が分からない時は、こちら

 

・祖父から相続した不動産について不動産名義変更していなかったが、父の相続も発生してしまった。相続による不動産の名義変更の仕方を知りたい。登記は、どう進めればいいい?

 → 親の相続と祖父母の相続を同時に登記する時は、こちら 

 

・亡くなった親が自宅と賃貸マンションを持っていた。マンションは売却したいが相続による不動産名義変更の手続きは必要なの?

 → 親の相続不動産の売却は、こちら

 

・不動産の遺産分割協議書は、どのように書けば良い?

 →遺産分割協議書の作成は、こちら 

 

・地方にある親の実家(土地・建物)の相続による不動産名義変更・登記をしたいけれど遠方にある。司法書士は遠方の不動産名義変更も手続きしてくれるの?

 → 地方にある親の実家についての相続による不動産名義変更・登記は、こちら

 

・兄弟姉妹が所有していた不動産について、相続による不動産名義変更・登記をするためには、誰の戸籍謄本が必要なの?

 → 兄・弟の相続による不動産名義変更・登記は、こちら

 

・親が残した債務・借金を相続したくないけれど、相続放棄の手続きには、どんな書類が必要なの?

 → 相続放棄の必要書類は、こちら 

 

 

 

(2)相続に備えて生前対策をしたい方

 

・自分の死後、子どもが相続争いをしないように遺言を書いておきたいけれど、遺言は公正証書でつくるの?

 → 公正証書遺言の作成は、こちら 

 

・親が生前、子どもに、不動産(土地・家・マンション)の名義変更をしたいが、どのようにするの?

 → 生前贈与による不動産名義変更は、こちら

 

・夫婦(夫・妻)間で、自宅家屋を生前贈与したい。手続きはどうなる?

 → 夫婦間の不動産名義変更は、こちら

 

 

2.司法書士や不動産名義変更についてのご質問に回答いたします。

 

(ご質問1

贈与、相続不動産の名義変更は、どこに行って、誰に相談・依頼すればいいでしょうか?

(ご回答1

不動産名義変更の専門家は司法書士です。

司法書士は、贈与、相続した不動産の名義変更登記を代理・代行できます。

(ご質問2)

行政書士に、不動産の名義変更を相談・依頼できますか? 

(ご回答2)

行政書士は、一切、不動産の名義変更を行えません。

ですから、不動産を持っているときは、相続手続き・不動産の名義変更は、司法書士に相談・依頼してください。

・司法書士

 戸籍謄本の取寄せ

 遺産分割協議書の作成

 不動産の名義変更

 

・行政書士 

 戸籍謄本の取寄せ

 遺産分割協議書の作成

 不動産の名義変更

(ご質問3)

贈与、相続の不動産名義変更を司法書士に相談・依頼したいときは、どうすればいい?

(ご回答3

司法書士事務所の中には、不動産名義変更を得意にしている事務所もあれば、そうでない事務所もあります。

ですから、その司法書士事務所が不動産名義変更に対応できる事務所かどうか、確認してから相談されると良いでしょう。 

また全国の不動産に対応してくれる司法書士事務所もありますので、確認してみてください。

(ご質問4)

遠方の司法書士に郵送で依頼したり、一度も司法書士に会わないで依頼することは、できますか?

(ご回答4

この回答については、別ページに詳しく説明していますので、 不動産名義変更は司法書士事務所に行かないで依頼、手続きできますか? をご覧ください。

いずれにしても、遠方の司法書士に郵送で依頼したり、一度も司法書士に会わないで依頼することは、さけた方が良いでしょう。 

安心のため、一度は司法書士事務所に行き、司法書士と直接会って、依頼することをお勧めします。

 

(ご質問5)

自分で相続の不動産名義変更登記をやりたいと思い、戸籍謄本を集め始めたのですが、不動産の名義変更の仕方が難しそうで途中で挫折してしまいました。相続手続きを途中から司法書士に依頼できますか?

(ご回答5)

もちろん途中からでも司法書士にご依頼できます。

司法書士は、足りない戸籍謄本の取得、不動産名義変更の手続き全てを代行してくれると思います。

安心してご相談してください。

(ご質問6)

司法書士事務所に行って、相続登記・不動産名義変更を相談・依頼するときに、持って行く必要書類は何ですか? 

(ご回答6)

不動産名義変更手続きのなかでも相続登記は必要書類が多いです。

そこで、相続登記に必要な書類である戸籍謄本などの取得は大変ですが、司法書士がサポートいたしますので、ご安心ください。

ご相談の際は、可能でしたら、下記のページに記載した書類をお持ちください。

→相続登記のご依頼および手続きの流れ・進め(ご相談の際の必要書類)は、こちら

(ご質問7)

不動産名義変更の費用、司法書士の名義変更手数料は、いくらかかる?

(ご回答7)

不動産名義変更には法務局に納付する登録免許税が必要です。

相続登記なら固定資産評価証明書の0.4%です。

司法書士の手数料・報酬は、相続不動産名義変更なら相続人の人数や不動産の数により多少異なります。

相談する際に、きちんと不動産名義変更の費用について説明してくれる司法書士事務所が良いでしょう。

 

(ご質問8)

遺産分割協議書に実印を押すのは誰でしょうか? 

(ご回答8)

不動産名義変更に必要な遺産分割協議書には、相続人全員の方々に、実印を押していただくことになります。

誰が相続人になるのかは法律で定められています。詳細は下記のページをご覧ください。相続名義変更を準備する際のご参考になると思います。

 

 

3.不動産名義変更すると税金はどうなる?

(1)相続により不動産名義変更するとき税金はいくらかかる?

 

①相続により不動産名義変更するときの登録免許税は評価証明書の0.4%です。 →詳細は、

 

②基礎控除額を超える遺産があるときは相続税が発生します。 →詳細は、

 

③相続した不動産を売却して譲渡益があると所得税・住民税が課税されます。 →詳細は、こちら

 

(2)贈与により不動産名義変更するとき税金はいくらかかる?

 

①贈与により不動産名義変更するときの登録免許税は評価証明書の2%です。 →詳細は、

 

②贈与税には控除制度がありますので、参考にしてください。

 ・暦年控除 →詳細は、

 ・相続時精算課税 →詳細は、

 ・配偶者控除 →詳細は、

ご相談について

当事務所は、相談しやすい司法書士事務所を目指しております。

不動産名義変更・相続登記の相談で、どこに行こうか迷ったら、ご相談ください。

土曜日・日曜日のご相談は、ご予約制です。 

 

→不動産名義変更の必要書類は、こちら

 

当司法書士事務所の特徴

駅に近い事務所です。

JR総武線・小岩駅の北口から徒歩3分ほどです。蔵前橋通り沿いの分かりやすい場所です。京成小岩駅からも歩いて12分です。ご予約いただければ休日でもご相談が可能です。 

ご相談のときに費用をご説明いたします。

ご相談の際は、費用・料金のご説明をしてからご依頼をいただいております。当事務所では、「手続き代行コース」「おまかせコース」などの定額制のものをご用意しておりますのでご安心ください。

司法書士の実績が多数あります。

相続による不動産の名義変更は、相続人さまによって様々なケースがございます。

相談の際は、長年にわたり相続手続きを行って参りました司法書士が適切なアドバイスをするように努めております。

東京司法書士会 江戸川支部所属の司法書士です。東京法務局 江戸川出張所の不動産名義変更・相続登記の手続きはお任せください。

お客様の声

抵当権と不動産相続の手続でお世話になりました。

葛飾区のT様

住宅ローンを完済して抵当権の抹消をしたいと思って調べたら、不動産登記の相談をするところは司法書士事務所だと知りました。葛飾区のマンションの抵当権抹消登記を司法書士に依頼したら、不動産登記簿が亡くなった父名義のままであることがわかりました。そこで、まず遺産相続により、マンションの名義変更をする必要があることを知りました。アドバイスのおかげで、相続による不動産名義変更と抵当権抹消が無事完了しました。

相続で一戸建ての名義変更をお願いしました。

葛飾区のN様

相続の手続が初めてなので、不動産の名義変更は、どうすればいいか、やりかたが全くわかりませんでした。誰に相談しようか迷いましたが、葛飾区の自宅の近くに秀都司法書士事務所があることがわかり相談にいきました。必要書類や手数料のことなど説明していただき、不動産相続の登記手続きが無事終わり安心しました。ありがとうございました。

業務案内など

不動産名義変更・相続登記・遺産分割協議書などについてご説明します。

相続登記のご依頼および手続きの流れ

不動産名義変更・相続登記のご依頼および手続の流れをご説明します。

よくあるご質問

当司法書士事務所に寄せられる、ご質問やご相談をまとめています。

費用・登記の登録免許税・司法書士報酬

不動産名義変更・相続登記などの費用のご案内です。

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分。お気軽にご相談ください。

不動産名義変更の料金は、下記をクリックしてください。

 

 

 

不動産の名義変更の手続き → こちら

トップページ → こちら

 

お気軽にお問合せください。

■お電話

03-6458-9570

 

■メール

hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

 

■受付時間 9時~18時

(ご相談は、ご予約制です。

土曜日・日曜日のご相談もできる限り対応して

いますのでお問合わせください。

 

東京都江戸川区西小岩4丁目119

マエノビル3階(小岩駅北口3分)

秀都司法書士事務所 

 

交通アクセス

JR総武線の小岩駅北口から徒歩3分です。

 → 事務所概要は、こちら

最寄駅からの地図

トピックス(不動産名義変更・相続登記の情報)

①相続に関する法改正の情報をお届け致します。

 相続登記(不動産名義変更)のご参考にしてください。

  → 嫡出でない子の相続分については、こちら

  → 相続税の改正については、こちら

 

②リンクサイト

登記報提サービス

法務所在地

不動産申請様式

当事務所がよく利用する役所の管轄地域のご紹介  

■東京法務局の管轄
・江戸川出張所(江戸川区の登記)
・城北出張所(葛飾区、足立区の登記)
■千葉地方法務局の管轄
・市川支局(市川市、浦安市、鎌ヶ谷市の登記)
■裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)