江戸川区小岩|秀都司法書士事務所|不動産の名義変更・相続登記

秀都司法書士事務所 江戸川区小岩
不動産の名義変更・相続登記

東京都江戸川区西小岩4丁目1-19マエノビル3階(小岩駅3分)

・不動産の名義変更(相続登記・贈与登記)は東京都江戸川区小岩の秀都司法書士事務所にご相談ください。

・土地・家・マンション名義変更の必要書類の取り寄せも代行します。

・江戸川区・葛飾区・市川市をはじめ、全国の不動産の名義変更の手続きを代理します。
 

03-6458-9570

営業時間

9:00~17:30(土日祝除く)

お気軽にお問合せください

東京都江戸川区の秀都司法書士事務所にご相談ください。

遺産分割協議の方法|遺産分割協議書の書き方

 (1)遺産分割協議とは

遺産分割協議というのは、法定相続人が2名以上いる場合に、遺産をどのように分けるかを協議することをいいます。 

遺産分割には、たとえば、次の方法があります。

①現物分割 

②換価分割 

③代償分割 

①の現物分割とは、たとえば、不動産は長男が相続し、預金は長女が相続することです。

②の換価分割とは、たとえば、遺産である不動産を売却し換価し、その対価を相続人で分けることです。 

③の代償分割とは、たとえば、遺産である不動産を長男が相続する代わりに、長男が長女に、代償金を支払うことです。 

遺産の内容により遺産分割方法を決定します。

(2)遺産分割協議書の作成

遺産分割協議を行った場合は、遺産分割協議書を作成します。

①不動産名義変更を法務局で行うためには、正確な遺産分割協議書を作成し、法定相続人の全員が実印を鮮明に押し、印鑑証明書を付ける必要があります。 

②司法書士に依頼くだされば、遺産分割協議書の作成を行います。 

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

 

→不動産名義変更の必要書類は、こちら

 

(3)遺産分割協議書の作成のポイント

 

遺産分割協議書の作成のポイントをあげると、たとえば次の通りです。

①まず相続人調査をきちんと行っておきます。

②次に正確な遺産を把握します。

法務局での不動産調査が必要となります。

③その後、正確な遺産(不動産・預貯金など)の表示を遺産分割協議書に記載します。

登記事項証明書の記載を正確に協議書に記載する必要があります。

実印を押して法務局に提出しても、間違いがあると、始めからやり直しになってしまいますので、不動産相続に関する遺産分割協議書の作成は、注意が必要です。

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

 

 

  →遺産分割協議の注意点は、こちら

  →遺産分割協議書の作成方法は、こちら

  →遺産分割協議がまとまらない場合の手続きは、こちら

 

(4)遺産分割協議書の注意点(未成年者・認知症)

主に次の2つのケースについて解説していきます。

(1)法定相続人の中に、未成年者がいる場合 

①法定相続人の中に未成年者がいる場合、未成年者は単独で遺産分割協議を行うことができません。

遺産分割協議および不動産の名義変更の手続きを行う場合、法定相続分による名義変更の登記を行うなら、法定代理人が未成年者を代理して手続きできます。 

このような相続の登記を行うと、土地、家などの不動産は相続人の共同名義になります。

②法定相続人全員で遺産分割協議を行いたい場合は、未成年者の法定代理人は未成年者を代理して遺産分割協議を行うことはできず、裁判所に特別代理人を選任してもらう必要があり、その手続きが完了した後、遺産分割協議を行うことができます。

(2)法定相続人の中に、判断能力が十分でない相続人、認知症の相続人がいる場合

①法定相続人の中に、判断能力が十分でない相続人、認知症の相続人がいる場合は、遺産分割協議書および不動産の名義変更する際、注意が必要です。

②相続人の判断能力の程度により、裁判所に対し成年後見等の申立てを行い、裁判所から成年後見人等が選任された後、遺産分割協議を行う必要があります。 

 →遺産分割協議書の作成方法・書き方は、こちら

 

遺産分割協議書の記載内容

 

(1)遺産分割協議書は、遺産分割が成立したことを証明する書類ですから、相続人全員が合意した内容を正確に記載する必要があります。

遺産ごとに次のように協議書に記載します。 

①金融機関の預貯金については金融機関名、支店名、口座番号など 

②不動産については不動産を特定できる登記事項

・遺産が土地なら、登記上の所在、地番など

・遺産が家なら、登記上の所在、家屋番号など

・遺産を相続人の共同名義にする時は持分

・遺産が共同名義不動産の場合は相続する割合

いずれも登記簿に従って協議書に記載します。

 

(2)遺産分割協議書は、書き方が法定されているわけではありませんが、後日トラブルにならないように作成方法に留意する必要があります。 

①遺産分割協議書の署名欄には実印を押します。 

②遺産分割協議書の住所・氏名の記載は印鑑証明書と一致させます。 

③遺産分割協議書が数枚にわたる場合は割印をします。

 

(3)このように遺産分割協議書は、記載の仕方、作り方に注意して、作成することが重要です。 

不動産名義変更・相続登記をする際は、遺産分割協議書の記載方法、実印の押し方についても審査されますので注意が必要です。

不動産が関係する遺産分割協議書については、司法書士に作成を依頼するのが確実と言えます。  

 →遺産分割協議の注意点は、こちら

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分。お気軽にご相談ください。

■秀都司法書士事務所の費用は、下記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

お気軽にお問合せください。

■お電話

03-6458-9570

 

■メール

hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

 

■受付時間 9:00~17:30

(ご相談は、ご予約制です。)

 

東京都江戸川区西小岩4丁目119

マエノビル3階(小岩駅北口3分)

秀都司法書士事務所 

 

当事務所がよく利用する役所の管轄地域のご紹介  

■東京法務局の管轄
・江戸川出張所(江戸川区の登記)
・城北出張所(葛飾区、足立区の登記)
■千葉地方法務局の管轄
・市川支局(市川市、浦安市、鎌ヶ谷市の登記)
■裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)