江戸川区小岩|秀都司法書士事務所|不動産の名義変更・相続登記

秀都司法書士事務所 江戸川区小岩
不動産の名義変更・相続登記

東京都江戸川区西小岩4丁目1-19マエノビル3階(小岩駅3分)

・不動産の名義変更(相続登記・贈与登記)は東京都江戸川区小岩の秀都司法書士事務所にご相談ください。

・土地・家・マンション名義変更の必要書類の取り寄せも代行します。

・江戸川区・葛飾区・市川市をはじめ、全国の不動産の名義変更の手続きを代理します。
 

03-6458-9570

営業時間

9:00~17:30(土日祝除く)

お気軽にお問合せください

東京都江戸川区の秀都司法書士事務所にご相談ください。

親の相続不動産は名義変更してから売却|江戸川区の秀都司法書士事務所

 

・「親の不動産を、子どもが売却するときは、どう手続きする?」 

・「親名義の不動産を売るときは、どうやって、子どもに名義変更する?」 

・「親から相続した不動産を売るときは、費用が、いくら、かかりますか?」 

 

親名義の不動産(土地・家・マンション)を相続して、子どもが、その不動産を売りたいときは、まず、相続人の名義に、不動産名義変更します。

不動産の名義変更の手続きは、司法書士に、ご相談ください。 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3

 

 

 

1 当事務所に不動産相続名義変更をご相談される方の中に多いのは、次のような方です。 

①親と同居していた子ども(相続人)がいない。今後も親が住んでいた実家に誰も住む予定がないので、親名義の相続遺産である土地と家などの不動産を売却して、その売買代金を相続人で分けたい。 

②親と同居していた子どもがいるが、親に自宅以外に相続遺産がないので、遺産分割協議書において、不動産は長男、銀行預金は長女というように、現物分割の遺産分割協議ができない。そこで、親名義の土地と家を売却して、その売買代金と金融機関の預貯金とを相続人で分けたい。

 

2 このような場合には、おおよそ、次のような遺産相続の手続きの流れとなります。 

①司法書士にご相談ください。親の自宅不動産(土地・建物)について、法務局で書類を取得します。 

②相続人である子どもたちで、親の遺産について、遺産分割協議の話し合いを成立させます。 

③司法書士が遺産分割協議書を作成いたします。 

④遺産分割協議書に、相続人である子どもたち全員が、実印を押します。 

⑤司法書士が法務局で、不動産の名義を、親から子に変更する相続不動産名義変更の手続きを致します。 

このとき、登録免許税として固定資産評価証明書の0.4%を法務局に納税します。

⑥司法書士が法務局から、子の権利書(権利証)を受け取り、相続人()の方にお渡し致します。登記識別情報通知というのが権利書の正式名称です。

 

3 この後、親の実家だった不動産の所有者は、相続人に変更されます。共同名義にした場合は複数の相続人が共有者となります。

 

4 そこで、相続人の方々は、親から相続した不動産を売却する手続きに入ることができます。

 

5 つまり、相続人の方々は、相続不動産である土地と家を売却して、売買代金を受け取ることができるようになるのです。

 

6 当事務所は、このように、親の実家の相続手続きをサポートしておりますので、ご相談ください。

 

→不動産名義変更の必要書類は、こち

→ トップページは、こちら

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

 

 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分。お気軽にご相談ください。

■秀都司法書士事務所の費用は、下記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

お気軽にお問合せください。

■お電話

03-6458-9570

 

■メール

hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

 

■受付時間 9:00~17:30

(ご相談は、ご予約制です。)

 

東京都江戸川区西小岩4丁目119

マエノビル3階(小岩駅北口3分)

秀都司法書士事務所 

 

当事務所がよく利用する役所の管轄地域のご紹介  

■東京法務局の管轄
・江戸川出張所(江戸川区の登記)
・城北出張所(葛飾区、足立区の登記)
■千葉地方法務局の管轄
・市川支局(市川市、浦安市、鎌ヶ谷市の登記)
■裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)