江戸川区小岩|秀都司法書士事務所|不動産の名義変更・相続登記

秀都司法書士事務所 江戸川区小岩
不動産の名義変更・相続登記

東京都江戸川区西小岩4丁目1-19マエノビル3階(小岩駅3分)

・不動産の名義変更(相続登記・贈与登記)は東京都江戸川区小岩の秀都司法書士事務所にご相談ください。

・土地・家・マンション名義変更の必要書類の取り寄せも代行します。

・江戸川区・葛飾区・市川市をはじめ、全国の不動産の名義変更の手続きを代理します。
 

03-6458-9570

営業時間

9:00~17:30(土日祝除く)

お気軽にお問合せください

東京都江戸川区の秀都司法書士事務所にご相談ください。

売買による不動産名義変更|司法書士

 

・「不動産を売買したときの不動産の名義変更は、どうやって手続きする?」 

・「売買による不動産の名義変更は、誰が手続きする?」

 

土地・家・マンションを売買したときは、不動産の名義変更をします。

その手続は、売主・買主の両方が、書類をそろえて、手続きします。

 

このような不動産売買のお悩みは、秀都司法書士事務所にご相談ください。

東京・江戸川区・小岩駅3分。 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

不動産名義変更の登記手続きは、どのような契約により不動産の所有権が移転したかにより、手続きの内容が異なります。

 

(1)ここでは、売買による不動産名義変更(所有者変更登記)の必要書類をご紹介いたします。

 

①売買による不動産名義変更の登記は、売主と買主が共同で登記申請します。

 

②売主の必要書類は原則的には次のとおりです。

 

・権利書

・印鑑証明書

・固定資産評価証明書

 

③登記原因証明情報、委任状などは、司法書士が作成しますので、それに印鑑を押していただきます。

 

④また、売主の現住所が、登記簿住所と異なる時は、住所変更登記をしないと、売買による不動産名義変更をすることができません。

その場合は住民票が必要になります。

 

 

(2)法務局への売買による不動産名義変更の登記手続き

 

①事前に、登記事項証明書を取得して、登記事項を確認します。

・物件の所在、地番、面積などの表題部を確認します。

・現在の所有者の住所、氏名、受付番号、差押え登記の有無なども確認します。

 

②現在の登記事項に問題がなければ、司法書士が、上記(1)の書類をそろえて法務局に提出いたします。

 

③法務局では、まず、書類を受け付けて受付番号を付与します。

そして書類を調査します。

その際は、次のような事項を調査します。

 

・住所や氏名の変更や更正登記の必要性

・書類の記載内容のチェック

・役所が発行した書類などで期限の定めがあるものは期限内のものか

・書類に押された実印の真正および鮮明さ

 

④書類に不備があれば、登記申請人は補正を行う必要があります。

書類に不備がなければ、法務局は登記簿に売買に関する登記事項を記載します。

売買に関する登記事項とは、所有権移転の旨、売買の日付、買主の住所・氏名などです。

 

⑤そして、法務局は権利書を発行いたします。

権利書という呼称は俗称であり、正確には登記識別情報通知といいます。

この登記識別情報通知は、物件ごとに、また買主ごとに作成されます。

 

⑥司法書士が、法務局から権利書などを受け取り、かつ登記事項証明書を取り登記事項が正確かどうか確認いたします。

 

⑦間違いなければ、司法書士が、買主様に権利書をお渡しいたします。

権利書は再発行されませんので、大切に保管し、紛失しないように注意してください。

 

 

→交換による不動産名義変更は、こちら

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分。お気軽にご相談ください。

■秀都司法書士事務所の費用は、下記をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

お気軽にお問合せください。

■お電話

03-6458-9570

 

■メール

hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

 

■受付時間 9:00~17:30

(ご相談は、ご予約制です。)

 

東京都江戸川区西小岩4丁目119

マエノビル3階(小岩駅北口3分)

秀都司法書士事務所 

 

当事務所がよく利用する役所の管轄地域のご紹介  

■東京法務局の管轄
・江戸川出張所(江戸川区の登記)
・城北出張所(葛飾区、足立区の登記)
■千葉地方法務局の管轄
・市川支局(市川市、浦安市、鎌ヶ谷市の登記)
■裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)