時効の援用 借金 裁判秀都司法書士事務所(東京)

時効の援用 借金 裁判秀都司法書士事務所(東京)
東京都江戸川区西小岩3丁目32番11-302号


■昔の借金を請求されたときの時効援用

■債務整理

■簡易裁判所の支払督促・裁判への対応
   

■借金の督促状への対応


 

03-6458-9570

電話受付時間

9時~17時(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

相続と債務整理

 

債務整理の説明は、こちら

過払い金の説明は、こちら

相続放棄の説明は、こちら

 

借金を相続して債務整理する手続きの説明は次のとおりですので、参考にしてください。

①被相続人の債務、たとえば、クレジット会社・消費者金融などの債務を、相続人が承継した場合は、相続人は債権者に対して、債務を返済しなければなりません。

たとえば、親が亡くなり子どもが相続した場合や、独身の兄弟が亡くなった場合の兄弟姉妹の相続債務が、これに該当します。

 

②相続人が返済を続けることが難しい場合は、債務整理を行うことができます。

債務整理は、司法書士に依頼することにより、行えます。

債務整理の中でも、裁判所を通さないで、話し合いを行う手続きを任意整理といいます。

当事務所は債務整理、任意整理の手続きを行っております。

 

③債務整理は、債権者への受任通知に始まり、取引履歴の取り寄せ、債務額の確定、返済計画の立案、債権者との交渉、交渉成立、返済の開始などの手続きにより、進めます。

任意整理の手続きを司法書士が行えば、それ以後の利息は発生しません。

つまり、返済するお金が全て元金に回りますから、返済が楽になります。

そこで、3年~4年くらいで、完済できるようになるのです。

早めに任意整理すれば、債権者から裁判されることもありませんから、家族に知られることもありません。

 

④ただし、親などが死亡した時の借金については、家庭裁判所に相続放棄の手続きを3カ月以内にすれば、相続人でなくなりますから、被相続人の債務の返済は不要となります。

 

⑤また、被相続人(親・兄弟など)が、高金利で返済していた場合は、過払い金が発生していることもあり得ます。

過払い金がある場合は、相続人がその権利を相続して、過払い金返還請求できます。

 

⑥もしも、被相続人が過去5年以上、あるいは、10年以上、債権者から返済督促を受けていない場合は、業者の債権につき時効成立していることがあり、消滅時効援用が可能なことがあります。

その場合は、内容証明書を作成して債権者に送れば、時効援用の証拠になり、それ以後は、債権者に請求されることはなくなります。

 

⑦どの手続きをすればいいのか、分からない点は、お早めに、司法書士に、ご相談ください。

 

 

秀都司法書士事務所(東京都江戸川区)

 

■東京の司法書士に時効の援用を依頼するなら、秀都司法書士事務所(東京都江戸川区)

 

司法書士事務所名

秀都司法書士事務所

住所

東京都江戸川区西小岩3丁目32-11-302

司法書士名

小林秀俊

所属司法書士会

東京司法書士会

電話番号

03-6458-9570

 

 

秀都司法書士事務所 アクセス

 

 

お問い合わせ・相談ご予約

 

 

時効の援用・裁判対応・債務整理の費用

 

 

■ご相談対象者

5年以上前の借金の時効援用・借金で裁判を起こされたときの対応

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県に在住の方で、当事務所に来れる方が対象となります。

対応エリアの詳細は、【 お問い合わせフォーム 】をご覧ください。

 

 

■ご相談の方法

■「電話での詳細なご相談」は、誤解が生じる恐れがあるため、行っておりません。

■ただし、対応エリア内の方からお電話いただいた際は、「電話での簡単なご相談」には応じています。

■「詳細なご相談」は、書類を持参して、当事務所(東京都江戸川区西小岩)に来ていただきます。(総武線・小岩駅から3分)

■コロナウイルス感染予防のため、マスクの着用をお願いします。

 

■予約お電話番号

03-6458-9570

 

 

■電話受付時間

平日 9時~17時

(ご相談は、ご予約制です。)

 

 

東京都江戸川区西小岩3丁目32番11-302号

(総武線 小岩駅 北口3分)

秀都司法書士事務所 

(シュウト シホウショシジムショ)

当事務所がよく利用する簡易裁判所のご紹介  

■簡易裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・東京簡易裁判所墨田庁舎(支払督促)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)