時効の援用 借金 裁判秀都司法書士事務所(東京)

時効の援用 借金 裁判秀都司法書士事務所(東京)
東京都江戸川区西小岩3丁目32番11-302号


■昔の借金を請求されたときの時効援用

■債務整理

■簡易裁判所の支払督促・裁判への対応
   

■借金の督促状への対応


 

03-6458-9570

電話受付時間

9時~17時(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

簡易裁判所から特別送達・書留・郵便‐秀都司法書士事務所(東京)

 

(裁判所から特別送達が届いたときの対応)

簡易裁判所から特別送達・書留で郵便が届いて、5年以上滞納している借金を請求されたとき、時効の援用ができることがあります。

裁判所から特別送達で届いた支払督促・呼び出し状を無視しないで、秀都司法書士事務所(東京)に書類を持参して相談。

時効の援用で裁判に対応できるか司法書士が相談に応じます。

 

(1)裁判所から特別送達・書留の郵便で、手紙が届いたとき、無視すると、差し押さえされることがある

 

裁判所(簡易裁判所)からの手紙(通知)が、特別送達(書留・郵便)で配達されたが、不在だったので、郵便局の不在票が、ポストに入っていたときは、無視しないようにしましょう。

 

裁判所からの特別送達を無視しないで、郵便物を受け取ったら、裁判所の封筒に入っている呼出状・訴状・支払督促などの裁判書類を無視しないで対応しましょう。

 

借金を滞納して、裁判所に訴えられて、裁判所から特別送達で通知が届いて、裁判の対応に困ったときは、弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

「裁判所の手紙・特別送達は、受け取らなくてもいい?」

特別送達とは、裁判所からの手紙・通知を送る時に利用する郵便です。

特別送達は、普通の書留郵便と違い、受け取り拒否できないので、裁判所を無視せず、郵便物を受け取って、内容を確認しましょう。

居留守を使っても、職場への特別送達、付郵便送達などが実施されるので、裁判から逃げることはできません。

不在で再配達の連絡をしないときは、裁判所に返送された後、勤務先への特別送達、書留郵便に付する送達が実施され、裁判は進行します。

 

 「裁判所からの手紙・支払督促を、無視すると?」

 「裁判所の督促状を無視すると、まずい?」  

借金を滞納すると、裁判所から特別送達の郵便で支払督促が届いて、借金の支払いを督促されることがあります。

裁判所から特別送達で届いた支払督促の通知・手紙を無視すると、判決を取られてしまい、差し押さえ・強制執行をされることがあるので、裁判所を無視しないで対応しましょう。

 

裁判所からの手紙(通知・督促状)は、封筒・ハガキに、特別送達と書いてあります。

 

特別送達とは、裁判所からの郵便で、書留を受け取る時と同じように、受け取る人が、受領印を押して、郵便物を受け取ることになっています。

 

特別送達は、裁判所からの書留郵便なので、いつ、誰が、裁判所からの通知を受け取ったか、郵便局に記録されます。

 

裁判所の特別送達は、普通の書留とは異なる効力がある郵便物なのです。

 

簡易裁判所から特別送達で送られてきた書類を受け取ったら、訴状支払督促などの書類を読んで、裁判所が指定した日までに、裁判所に書類(答弁書・支払督促)を提出しましょう。

 

訴えられた被告が、裁判所の特別送達を無視して受け取らない時や、特別送達を受け取り拒否して受け取らなかった時は、裁判所は、被告が郵便物を受け取ったものとみなして、裁判の手続きを進めてしまいます。

 

裁判所の特別送達を受け取らないと、郵便物は裁判所に返送されるので、被告が裁判された内容を知らない内に、裁判が行われて、判決が出てしまうのです。

 

裁判に欠席すると、訴えられた被告の言い分は、裁判に反映されませんから、訴えられた人にとって、欠席裁判となり、不利になるので、裁判所の特別送達郵便を無視しないようにしましょう。

 

 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)

 

簡易裁判所からの特別送達・書留は必ず受け取りましょう。

 

簡易裁判所から特別送達民事と印刷されている封筒が届いたときは、無視しないで、封筒を開封しましょう。

 

特別送達で届いた封筒に同封されている「訴状」・「呼び出し状」の内容を確認して、5年以上放置している借金を請求されたときは、無視しないで、裁判に対応しましょう。

 

裁判所に答弁書を提出すれば、5年以上前の借金は、時効の援用ができることがあります。

 

裁判所に行けないときでも、司法書士に訴訟代理人を依頼すれば、時効の援用ができることがあります。

 

借金の元金額が140万円以下の裁判・支払督促は、司法書士は弁護士と同様に、訴訟代理人になれます。

 

借金の裁判の相談・依頼の際、司法書士規則により、司法書士は裁判の被告(債務者)と面談する義務があります。

 

裁判所から特別送達・書留郵便で届いた通知(ハガキ・手紙)などを持参して、司法書士にご相談ください。

 

 

■裁判所の特別送達で、支払督促・訴状が届いた時のご相談は、次のことをお知らせください。

 

①裁判を起こしてきた債権者

(消費者金融・債権回収会社)

②借りたおおよその金額

(例 元金50万円)

③いつ頃から返済してないか

(例 10年くらい前)

④簡易裁判所名

(例 東京簡易裁判所)

 

 

 

 

借金支払督促対応

 

借金裁判所時効援用対応

 

 

裁判を起こされた人が、裁判所を無視すると、裁判所の判決が出て敗訴します。

 

そして、確定判決に基づいて、借金の一括返済を請求されます。

 

支払いをしないで、無視すると、差し押さえ、強制執行されることになるので危険です。

 

裁判所から特別送達で届いた封筒・手紙を無視すると、裁判で不利になるので、放置しないで、弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

裁判所からの特別送達で届いた通知は、裁判される前の督促状・催告書と異なり、無視すると、強制執行されることを知っておいてください。

 

自分で裁判に対応できないときは、裁判所から郵送されてきた特別送達の封筒、郵便物を持参して、司法書士・弁護士の事務所に相談しましょう。

 

弁護士・司法書士に、答弁書支払督促の異議申立書など、裁判書類の作成を頼むことをおすすめします。 

 

 

(2)なぜ、裁判所から、特別送達で、封筒・ハガキが届いた?

 

借金を返済期日までに支払わなかったとき、消費者金融は、始めは、督促状を送ったり、電話の依頼をする旨の催告書を送ったりします。

 

この時点で対応すれば、分割払いできることもありますが、連絡期限を過ぎると一括請求されます。

 

一括請求を無視していると、債権者は、裁判所の手続きで請求して、債権回収しようとすることがあるのです。

 

法的手続きに移行すると、消費者金融などの債権者は、裁判所に書類(訴状・支払督促)を提出して、訴えを起こします。

 

そうすると、裁判所が、借主(被告・債務者)に、特別送達で、訴状・口頭弁済期日呼出状などの郵便物を郵送してくるのです。

 

 

 

 

裁判所からの特別送達で、借金の通知・手紙が届いたときの相談は、秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)

 

 

 

 

(3)借金で裁判を起こされると、裁判所から特別送達が届く。

 

裁判を起こした人(債権者)は原告と呼ばれ、裁判を起こされた人(債務者)は被告と呼ばれて、裁判手続きは行われます。

 

裁判に特有な言葉なので、聞きなれない言葉ですね。

 

借金を滞納すると、簡易裁判所へ訴えられて、裁判所から特別送達で、訴状が届きます。

 

消費者金融などが簡易裁判所へ訴訟を起こすと、簡易裁判所は、訴状支払督促の通知などを被告に特別送達します。

 

簡易裁判所は、被告に対して、口頭弁論期日への呼び出し、答弁書の提出の催告をします。

 

借金の裁判を申し立てるときは、特別送達が被告に届くように、送達先となる被告の自宅の住所または勤務先の住所を正確に記載する必要があります。

 

このように、借金を滞納すると、裁判所に訴訟の申立てがされて、特別送達が自宅に届くので、借金の裁判を無視することはできないのです。

  

 

(4)裁判所の特別送達の種類

 

特別送達の方法には、次のような種類があります。

 

①裁判所から被告の住所地へ、特別送達で、訴状・呼び出し状を郵送する。

 

訴えられた被告が、郵便局の不在通知(不在票)を受け取って、再配達の連絡をしないでいたら、どうなるのでしょうか?

 

そうすると、特別送達で送られた裁判書類は、裁判所に戻ってきます。

 

 

②次に、裁判の原告は、被告へ再送達して欲しいと、裁判所にお願いします。

つまり、もう一度、裁判所から被告に、裁判書類を、特別送達で送って欲しいと言うことです

 

再送達の方法とは、たとえば、どんな方法でしょうか?

 

・配達日を指定した特別送達

 

・夜間送達の特別送達

 

・就業場所(勤務先の会社)への特別送達

 

 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分

 

 

 

 

 

(5)裁判所からの特別送達を無視すると

 

裁判所の特別送達に記載された住所に住んでいるのに、訴状などの裁判書類を受け取らないときは、裁判所が書留郵便で発送したことにより、被告が受け取ったものとして取り扱う旨の送達方法があります。

 

これは、郵便に付する送達と呼ばれる送達方法です。

 

この送達方法だと、裁判所が書留郵便を発送した時点で、被告に送達したとみなされるので、訴えられた被告は不利になってしまいます。

 

つまり、裁判所からの特別送達・書留を受け取らないと、裁判の内容を知らない間に、裁判が始まり、裁判が終わってしまうのです。

 

裁判所からの通知を無視して、裁判に欠席すると、裁判所は借金の一括返済を命じる判決をくだすので、強制執行される恐れがあるのです。

 

裁判所の特別送達を無視すれば、裁判の内容を知らないまま、差し押さえをされる恐れがあるのです。

 

  

(6)東京簡易裁判所からの特別送達は無視しない

 

東京簡易裁判所から特別送達で、訴状支払督促申立書が送達されると、東京簡易裁判所が定めた日時に、口頭弁論による裁判が行われることになります。

 

東京で裁判が行われるとき、訴状・呼び出し状は、東京簡易裁判所・民事(東京都千代田区霞が関)と記載された封筒で、特別送達で郵送されてきます。

 

東京で簡易裁判所の支払督促が行われるとき、支払督促は、東京簡易裁判所・墨田庁舎(東京都墨田区錦糸)と記載された封筒で、特別送達で郵送されてきます。

 

東京簡易裁判所の特別送達を無視すると、裁判に対応することができません。

 

裁判を無視して判決が出れば、10年以上前の借金でも時効の援用ができなくなってしまい、差し押さえをされることがあります。

 

東京簡易裁判所からの特別送達は無視せず、受け取って、答弁書を提出して裁判に対応しましょう。

  

 

(7)借金の分割払いを希望するときは、必ず、裁判所の特別送達を受け取る必要がありますから、注意してください。

借金の時効援用をするためにも、簡易裁判所から届いた特別送達を受け取る必要がありますので、必ず、対応しましょう。

 

裁判所の特別送達で届いた書類には、債権者が一括返済を請求すると記載されていることが多いでしょう。

 

分割払いを希望している場合は、裁判所の特別送達を受け取らないと、裁判で分割にできませんから、放置しないでください。

 

もしも、借金の時効援用の条件を満たしているなら、裁判に対応すれば、借金の時効が成立して、借金は無くなるかも知れません。

 

どのように対応すればいいか分からない時は、裁判が開かれる前に、司法書士、弁護士に相談しましょう。

 

裁判所の特別送達を受け取ったら、書類に記載されている原告・債権者の名前を確認してください。

 

次に、裁判で請求されている金額も確認しましょう。

 

そして、裁判所が指定した期限に間に合うように、対応してください。

 

 

■借金の滞納で、消費者金融債権回収会社から、簡易裁判所に訴えられて、特別送達が届いた時の対応

 

対応1 一括払いできない、分割にしたい

 

裁判所の特別送達を受け取る

➡答弁書・督促異議申立書を提出

➡裁判所の口頭弁論で分割払いの交渉

 

一括払い・分割払いの説明はこちら

 

 

対応2 裁判所で借金の時効援用

 

裁判所の特別送達を受け取る

➡借金の時効が成立している場合

➡答弁書・督促異議申立書を提出

➡裁判所の口頭弁論に出席して時効援用を陳述

 

借金の時効援用の説明はこちら

 

   

(8)裁判所の特別送達への対応

 

債権者が裁判所に行う手続

 

裁判所の特別送達で届く書類

 

特別送達を受け取った人が裁判所に提出すべき書類

 

民事訴訟の提起

(例)

・貸金請求事件

・立替金等請求(信販)事件

・求償金請求事件

 

・訴状(副本)

口頭弁論期日呼出状

答弁書催告状

分割払いを希望される方へ

 

答弁書

 

 

支払督促の申し立て

 

支払督促

 

督促異議申立書

→(通常訴訟に移行)→

答弁書

 

  

裁判所の呼び出しで多い例

借金を滞納して、簡易裁判所に借金裁判の手続をされてしまい、裁判所から借金の支払督促、訴状、呼出状などの通知が、特別送達の封筒で届いてしまい、対応方法が分からないで困惑してしまう例。

 

②東京簡易裁判所は、消費者金融が、訴状・支払督促(貸金請求事件、求償金請求事件)の手続をする件数が多いです。

簡易裁判所から特別送達で、訴状・支払督促が届いたら、答弁書・督促異議申立書の提出が必要です。

 

③東京簡易裁判所は、クレジットカード会社が、訴状・支払督促(貸金請求事件、立替金等請求(信販)事件、求償金請求事件)の裁判書類を提出する件数が多いです。

簡易裁判所から特別送達で、訴状・支払督促が届いたら、答弁書督促異議申立書の提出が必要です。

 

④訴訟の場合に、裁判所の特別送達で送られて来る書類は、訴状(副本)、口頭弁論期日呼出状兼答弁書催告状分割払いを希望される方へ等の書類です。

 

支払督促の場合に、裁判所の特別送達で送られて来る書類は、支払督促仮執行宣言付支払督促などです。

 

⑥裁判所の特別送達で届いた訴状で、借金を一括請求されていても、答弁書で、分割払い、借金の時効援用の主張をすることもできます。

 

⑦裁判所の特別送達で届いた支払督促で、借金を一括請求されていても、督促異議申立書で、分割払い借金の時効援用の主張をすることもできます。

 

(9)秀都司法書士事務所は、簡易裁判所の裁判に対応した実績が豊富

 

秀都司法書士事務所(東京都・江戸川区)は、裁判所から特別送達の通知(封筒・ハガキ)が届いた人からの裁判対応の依頼が豊富です。

 

司法書士が訴訟代理人になって、裁判(訴状・答弁書支払督促・督促異議申立書)に対応した実績が多数あります。 

 

借金が元金140万円以下で、簡易裁判所から特別送達が届いたときは、司法書士が訴訟代理人になれます。

 

借金が元金140万円以下なら、借金の総額が140万円を超えていても、司法書士が訴訟代理人になれます。

 

 

(10)簡易裁判所の特別送達が届いて、借金を請求されたときの対応実績

 

簡易裁判所から借金の支払督促が届いたら、秀都司法書士事務所(東京都)へ相談して、裁判への対応、訴訟代理人を依頼しましょう。

 

あなたが裁判所に行けないときは、司法書士が訴訟代理人になって、あなたの代わりに裁判所へ出頭してくれます。

 

秀都司法書士事務所は、債権回収会社から裁判を起こされたときの対応実績が多数あります。

 

オリンポス権回収株式会社

アビリオ権回収株式会社

アウロラ権回収株式会社

パルティール権回収株式会社

中央債権回収株式会社

札幌債権回収株式会社

株式会社エムアールアイ権回収

エム・テー・ケー債権管理回収株式会社

エムユー・フロンティア債権回収株式会社

ティーエスビー債権管理回収株式会社

株式会社セディナ債権回収

 

 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)小岩駅3分

 

  

 

■裁判の依頼は、裁判所から郵送されてきた書類を持って、司法書士事務所に来ていただきます。

 

■司法書士の規則に基づいて、債務者と会って面談する義務があるので、郵送・メールだけで、裁判の依頼を受けることはできません。

 

■「会わないでも依頼できる」ことを宣伝している違法事務所にご注意ください。

 

■ご依頼者としても、一度、司法書士事務所に行けば、きちんと営業している信頼できる事務所かどうか確認できますし、裁判手続きの流れを説明してもらえますので、安心できると思います。

 

 

 

秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)

 

 

 

  

 

消滅時効援用

 

借金滞納裁判所支払督促通知対応

 

裁判の訴状・答弁書

 

 

秀都司法書士事務所(東京都江戸川区)

 

■東京の司法書士に時効の援用を依頼するなら、秀都司法書士事務所(東京都江戸川区)

 

司法書士事務所名

秀都司法書士事務所

住所

東京都江戸川区西小岩3丁目32-11-302

司法書士名

小林秀俊

所属司法書士会

東京司法書士会

電話番号

03-6458-9570

 

 

秀都司法書士事務所 アクセス

 

 

お問い合わせ・相談ご予約

 

 

時効の援用・裁判対応・債務整理の費用

 

 

■ご相談対象者

5年以上前の借金の時効援用・借金で裁判を起こされたときの対応

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県に在住の方で、当事務所に来れる方が対象となります。

対応エリアの詳細は、【 お問い合わせフォーム 】をご覧ください。

 

 

■ご相談の方法

■「電話での詳細なご相談」は、誤解が生じる恐れがあるため、行っておりません。

■ただし、対応エリア内の方からお電話いただいた際は、「電話での簡単なご相談」には応じています。

■「詳細なご相談」は、書類を持参して、当事務所(東京都江戸川区西小岩)に来ていただきます。(総武線・小岩駅から3分)

■コロナウイルス感染予防のため、マスクの着用をお願いします。

 

■予約お電話番号

03-6458-9570

 

 

■電話受付時間

平日 9時~17時

(ご相談は、ご予約制です。)

 

 

東京都江戸川区西小岩3丁目32番11-302号

(総武線 小岩駅 北口3分)

秀都司法書士事務所 

(シュウト シホウショシジムショ)

当事務所がよく利用する簡易裁判所のご紹介  

■簡易裁判所の管轄
・東京簡易裁判所(東京都23区の裁判)
・東京簡易裁判所墨田庁舎(支払督促)
・市川簡易裁判所(市川市、船橋市、浦安市の裁判)